海外旅行・出張時の格安SIMカード「トラベルSIMトーク」は、月額固定費が0円!
1.海外で格安通信

 

株式会社ラテラ・インターナショナル様は、日本最大級の海外・国内ガイドブック出版社として世界各国のガイドブックを制作・販売されいらっしゃる法人様です。

実際に現地に赴いての取材や、海外の旅行代理店様に日本に来日する観光客様向けの現地語による日本のガイドブックの営業などで常に世界を飛び回っていらっしゃいます。

トラベルSIMを導入されて約8ヶ月。実際に海外出張でご利用いただいてる常務取締役の西谷様にお話を伺いました。 

 

トラベルSIM導入前は通話ローミングで10万円を超えたことも

 

ローミング通話が多すぎて、現地で回線を止められたこともあります。不正利用と勘違いされたんでしょうね、、。電話を止められてるので、復活させるために現地のホテルの電話などを使わざるをえなくて、また、これが決して安くない、、。何より面倒くさいし業務に支障が出てしまいかねない事態だったわけです。しかたないので、復活するまで、現地で携帯を2日くらい借りて過ごすハメになりました。でも、その電話番号を伝えてないから、それも大変でした。

 

トラベルSIMだと電話番号を伝えておけるのがいい

世界中で同じ番号を使えるので、毎回番号を告知する必要がないのもいいですね。日本にいるときも受信できるので、取引先からの電話を逃す心配もありませんね。

 

日本のオフィスにも導入。トラベルSIM同士で格安通話

トラベルSIM同士だと格安通話料金ということなので、日本のオフィスから自分に電話してもらうときに、日本のオフィスにトラベルSIMトークから発信してもらっています。通常の国際電話としても料金が安いので、海外取引先に電話するときなどにも利用しています。

 

通話コストが約1/30に。

とにかくかかってきた電話に出ないわけにいかないので、このコストが膨大でしたが、トラベルSIMにしてから、ここが大きくコスト減となりました。およそですが、現状1/30程度にまで下がりました。

1年で10カ国以上。年100日は海外に滞在。

 

最近は、世界中の旅行代理店様に訪問して、来日する旅行者様向けのガイドブックを営業しています。たとえば、タイならばタイ語の日本旅行ガイドブックをといった感じです。10カ国向け、取引先数にして100社強あるので、1ヶ月平均で、3カ国10日みたいな感じで海外に出向いています。

 

トラベルSIMでの利用は主に通話とSMS

 

トラベルSIMトークをSIMフリー端末に入れて利用しているのですが、一番ありがたいのは、トラベルSIMトークだと通話受信料が0円の地域や、格安な地域が多いことです。かかってきた電話が長引くことも少なくないため、トラベルSIM導入前は、これがかなりの額になっていました。

会社概要

株式会社ラテラ・インターナショナル

http://www.laterra-intl.co.jp/

〒104-0045

東京都中央区築地2丁目1番2号  プライム築地ビル8F

TEL:03-5550-7920(代表)

 

事業内容)

インバウンド事業

旅行ガイドブックの制作・販売

セールスプロモーション(広告・販売促進)事業

デジタルコンテンツの制作、販売


1.海外で格安通信

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(AIESEC in Japan)

 

■水谷 勇貴(みずたに ゆうき)

青山学院大学 地球社会共生学部 1年

 

日本滞在時の4割くらいしかLINEもしなかったですね。

海外で研修しているということもありますし、現地で出会った皆さんとのリアルな会話の時間のほうが多く、日本でいるときほどLINEをしませんでした。Youtubeをふくめ、スマホ自体を日本でいるときほど使いませんでした。今回は旅行というものではありませんでしたが、海外旅行に普通に行ってもきっと、あまりそれほど外出先でスマホでのデータ通信は使わないのかもなとも思いました。待ち合わせのLINEとちょっとした検索とメール。あとはWIFIがあるところで足りる気がします。

 

利用は主にデータ通信

普段から電話番号での通話は、ほぼ使ってないので、現地でもデータ通信しかつかいませんでした。到着したときに日本に「着いた」とい連絡もLINEでした。ただ現地のメンバーと連絡するときは電話での通話をしましたね。

 

SIMロック解除できたら自分のスマホで使いたい

 

今回「あんしんトラベルPhone」を使ったのは、自分の使っているスマホがSIMロック解除できないiPhoneだったからなのですが、自分のiPhoneでそのままトラベルSIMが使えるなら、もっと便利かなと思いました。Iphone6Sだと2016年の4月頃にはSIMロックが外せるということなので、今後はもっと期待大です。

団体情報

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(AIESEC in Japan)

http://www.aiesec.jp/

〒162-0814 東京都新宿区新小川町4-16 及川ビル3F

 

活動分野)

社会教育の推進を図る活動

国際協力の活動

前各号の掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

 

アイセック・ジャパン様は、海外の学生のインターシップ受け入れ事業や、日本の学生が海外の企業やNGOへとインターンシップを送り出す事業を行っている団体様です。

 

 

 今回は実際に海外に研修に行かれた水谷様にお話を伺いました。

 

マレーシアに約1ヶ月の研修に

マレーシアの動物愛護のNGOに1ヶ月の研修で、トラベルSIMから販売されている「あんしんトラベルPhone」を利用しました。SIMフリーの端末を使うのもAndroidを使うのも初めてで少し戸惑いましたが、使っていくうちに慣れて問題なく使えるようになりました。

 

レンタルWIFIだと高すぎる、、

自分が学生ということもあり予算は非常に限られていまして、滞在期間1ヶ月だとレンタルWIFIだと、もう予算オーバーな感じなんですね。滞在先にWIFIがあるという情報もあったので、LINEと地図の検索を外出先で使えればいいだけと考えていたので、レンタルWIFIほど必要ないかなとも思っていました。

 

■田坂 麻紗佳(たさか まさか)

青山学院大学 総合文化政策学部 3年

アイセック所属

同席いただいたアイセック所属の田坂様にもお話を伺いました。

日本からの発信も安いのが嬉しいです。

日本に1台、海外に行くメンバーに1台もたせて、やりとりをしています。トラベルSIMだと現地での電話受信が0円の地域が多いので助かります。

 

手配をしなくていいのが便利

レンタルWIFIと違って貸し出しなどの手配をしなくていいのも嬉しいです。ローミングだと、とても料金が高いですが、トラベルSIMなら学生でも安心して使える料金だと思います。


海外展示会企画・運営 J社様

海外イベント担当 細谷 賢治様

 

海外現地SIMも使ってきました。

今まで海外の現地SIM使ってきました。SIMを現地で入手できたり、持っていれば利用しますが、最近はトラベルSIMを使う比率が高くなっています。

 

レンタルWIFIは不便過ぎて使うのをやめましたね、、

 

レンタルWIFIは出張が延長したときも困るし、返却の手間が面倒。またSMSなども使えないので、緊急連絡のときに困ります。なにかあったときに自分のスマホとSIMならば、どうにか使えるようにできますが、レンタルWIFIだと使ったことない機種ですし、SIMの設定などもわからないので、非常に困ります。

 

トラベルSIMはどこでも繋がるし、

SMS・電話番号が事前にわかって便利

 

とにかく、どこの国でも繋がるので助かっています。トラベルSIMを使ってから出張のフラストレーションが大きく減りましたね。

 

会社で海外用の携帯を貸し出してくれといえばあるんですが、ローミングなので料金がバカ高い。請求の時期に総務から「何に、こんなに使ったんですか?」と問いただされる。そこから海外の空港などのSIMを使うようになったんです。

 

*業務の関係上ご本人の了承を得て仮名にて掲載させていただいております。    


建設機械メーカー V社様

輸出営業部担当者 田中富雄様

 

 

カスタマーサービスが丁寧だったのが導入のきっかけ

 

今まで海外SIMというものを導入していなかったので、私だけでなく総務担当からも、かなり初歩的な質問などもトラベルSIMカスタマーサービスに投げかけたのですが、わかりやすく丁寧な対応をしていただけました。料金はもちろんですが、こういった安心感が大きかったですね。

 

2台の端末を8人で運用

 

所属している部署では、同時に海外に滞在するのは2名ほど。ですので、SONYSIMフリーXperiaを2台用意し、これで運用しています。国際ローミングでは1番号で月額9万円くらいかかっていたのが、トラベルSIMにして最大でも3万円もかからなくなったので、端末代はすぐに回収できました。

 

誰からも不満の声はありません。

 

国際ローミングのほうがよかったという現場の声は聞こえてきません。トラベルSIMでうまく機能しているようです。

田中様はアフリカや南太平洋諸国に重機を販売する

輸出営業部の担当様。

3ヶ月のうち10日〜2週間は海外出張に行かれるそうです。

トラベルSIMを導入されて6ヶ月。導入のきっかけや、

利用方法についてお話しを伺いました。

 

最も多いのは日本オフィスとの通話

 

元々、困っていたのは海外での通話料金でした。トラベルSIM導入前は日本の携帯のローミングを使っていたのですが、毎回高額となってしまっていました。Skypeなども併用してましたが、データ料金が高い国や、そもそもデータ通信が不安定な国も多く、結局出先で日本とコミニュケーションをするためには、音声通話しか選択肢がなかったりします。

 

データ通信は現地のオフィスとホテルで足りる。

 

業務内容的に外出先でパソコンによるデータ通信や緊急のメールの必然性が、さほど高くないということもあり、外出先でデータ通信が必要になることは、まずありません。スピードを要することも多い為、やはり通話がしっかりできることが前提としてありました。

 

*業務の関係上ご本人の了承を得て仮名にて掲載させていただいております。   写真は本人様をイメージしたモデル写真となります。

 


世界130ヶ国以上でデータ通信がご利用できます

カナダ

エルサドバドル

コロンビア

タークス・カイコス

諸島

バハマ

ベリーズ

イギリス領・ヴァージン諸島

イギリス

オランダ

ギリシア

スイス

セルビア

ノルウェイ

ブルガリア

ポーランド

ラトビア

ロシア

カタール

パレスティナ

ガーナ

チュニジア

モーリシャス

カンボジア

中国

ブータン

ミャンマー

アメリカ合衆国

グァテマラ

ジャマイカ

チリ

バルバドスC

ペルー

アイルランド

イタリア

オーストリア

クロアチア

スウェーデン

タジキスタン

ハンガリー

ベラルーシ

FYR マケドニア

リトアニア

アラブ首長国連邦

クウェート

ヨルダン

ケニア

ナイジェリア

リベリア

シンガポール

日本

ベトナム

モルディブ

ニュージーランド

バヌアツ共和国

アンディグア・

バーブーダ

セントクリストファー・ネイビス

トリニダード・トバゴ

パナマ

ホンジュラス

アゼルバイジャン

ウクライナ

カザフスタン

コソボ

スペイン

チェコ

バチカン

ベルギー

マルタ

リヒテンシュタイン

イスラエル

サウジアラビア

アンゴラ

コンゴ民主共和国

南アフリカ

インド

スリランカ

ネパール

香港

オーストラリア

フィジー諸島

アルゼンチン

グレナダ

セントビンセント・グレナディーン

ドミニカ国

パラグアイ

ボリビア

アルバニア

ウズベキスタン

キプロス

サンマリノ

スロバキア共和国

デンマーク

フィンランド

ボスニア・ヘルツェゴビナ

モルドバ

ルクセンブルグ

イラク

トルコ

エジプト

セーシェル

モザンビーク

インドネシア

タイ

パキスタン

マカオ

サモア

エクアドル

コスタリカ

セントルシア

ニカラグア

ブラジル

メキシコ

アルメニア

エストニア

キルギス

グルジア

スロベニア

ドイツ

フランス

ポルトガル

モンテネグロ

ルーマニア

オマーン

バーレーン

カーボベルデ

タンザニア

モロッコ

大韓民国

台湾

フィリピン

マレーシア

トンガ王国

パプアニューギニア