海外旅行・出張時の格安SIMカード「トラベルSIMトーク」は、月額固定費が0円!

 

トラベルSIMがお得な理由

海外旅行のプロが徹底解説♪

海外旅行SIMを選ぶ3ポイント!

海外出張歴20年の経験から

「こんな海外旅行用SIMがあったら嬉しい」と言う思いを

トラベルSIMシリーズを監修する際に詰め込みました。

「実際にどんなポイントがいいのか?」を解説します。


1.海外で格安通信

海外でのスマホ用途でダントツなのは「待ち合わせ」

日本にいるときと同じ感覚で「16時”頃”にショッピングセンターで」というような待ち合わせをすることが多く、その時間近くになってから「あれ?どうやって連絡とればいいんだ??」となることも少なくありません。

 

確実に連絡が取れる方法を確保できるSIMが重要です。

トラベルSIMトークなら、海外での料金がこれだけお得!
電波が悪いとLINE,Skypeも使えない。
同行者がLINEを使っていないことも
メールも確認したいし、ちゃんと通話できないと・・・!でも、日本から受信料は高いし・・・

SMSならば電波状況が悪いところでも高確率で使えます。

LINEやSkypeなどと違い、相手がソフトを入れていなかったり、ガラケーを使ってる場合でもメッセージを送ることができるので重宝するのです。

タイムラグが少ないのも待ち合わせの時に助かるポイントです。

 

2.海外ビジネスがアップグレード

現地で確実に通信できる手段の確保

SIMフリーだからと言って安心は禁物です。

 

格安SIMを日本で使えてるから、どのSIMでも使えるとタカをくくっていると痛い目にあうこともあります。


実際の体験では、現地でSIMを入れようとしたときに、スマホのSIMスロットの接触不良が発覚し、普段使っている日本のSIMなら、どうにか使えるけれど、購入したSIMは使えなかったということがありました。


出発前に日本で確認できていれば修理するなり、変わりのスマホを用意できましたが、現地に着いてから発覚した場合、新しくスマホを購入するくらいしか手段はありません。

ちゃんと通信できるか日本で確認が吉!

SIMに限らずレンタルWIFIでも同じ痛い目にあったことがあります。故障していて現地で全く使えなかったのです。

確実に通信できるか?確認できるのがベストです。


1.海外で格安通信
トラベルSIMトークなら、海外での料金がこれだけお得!
現地でカード限度額超え、、
カードの紛失。法人カードで持っていけない、、

家族や同僚にチャージしてもらえると安心

ログインしないとチャージできない方式だとカードが急に使えなくなった場合など、家族や同僚にログインの仕方とパスワードまでも教えなければいけません。

月末にかけて海外に行っていたとき、月初になったら急にクレジットカードがつかなくなったことがありました。理由は期限切れ間近なカードを間違って持って行ったからでした。友人は海外旅行増額をしなかったため限度額超えをして泣きをみたことがあるそうです。

トラベルSIMはSIM番号さえ分かれば、ログインせず誰からでもチャージ入金してもらうことができるので安心です。


手続きがカンタンで安心なのSIMは?

余計な情報を入れなくて済むのがベスト!

開通手続きやアクティベーションは何かと面倒。

パスワードを設定しないといけない方式だと旅行先でパスワードが思い出せなくなる可能性もあります。

情報漏洩のことなども考えると余計な情報を入れなくて済むならそれがベストです。

 


SMSが使えないと色々困ります!

SMSがないと現地で使えないサービスも

公衆無線LANや現地でのクーポン会員登録などSMS認証必須のものが少なくありません。


またWhat's AppやWechatのようなサービスもSMSでの認証が必要なため現地でアカウントを開設しなければならなくなったときにSMSが必須となる場合があります。

 

もちろん、待ち合わせでSMSが便利なのは前述の通りです。



データパック利用料がお得なのは?

たくさん使うなら2GBパックも視野に

データパックの選び方は価格はもちろんのこと


1)トランジットの空港など違う国でも使えるか?

2)使わない時は従量課金にも切り替えられるか?

などもチェック事項。



従量課金がお得なのは?

使う分だけ払いが、実はお得に!?

1ヶ月のスマホデータ通信量は1GB未満が70%という調査があります。1日に換算すると約34MB程度。


旅行中はYoutubeなども見ないし、通勤のような退屈な時間が少ないため、実は日本にいるときよりもデータを使わなかったりします。


ほとんどLINEとメールしかしないならば実は

従量課金のほうが圧倒的に安くなる場合があります。



有効期限なしがベストチョイス!

チャージ残額まで消えるSIMもあるので注意

1年でチャージ残高が消えるタイプのものなどは要注意。

SIMの有効期限も「追加チャージを1年以内にすれば」という条件があるものも多いので注意。


トラベルSIMは残高を消費したときから1年なので、追加コストなしで永久的に期限を延長することができるようになっています




家族・同僚にチャージしてもらえるSIMがベスト!

カードが突然使えなくなっても安心

カードの盗難、限度額オーバー、

法人カードなどで担当者以外持ち出せない、、

自分以外がチャージできないと実はいざというとき不便です。


 


どんな端末にも対応するSIMがベスト!

違う端末に入れ替えられると便利

機種変更や、タブレットへの入れ替えなど

SIMは、どんな端末でも使えたほうが便利です。

トラベルSIMは、切り取って3タイプに使え

アダプターにもなるので、どんな端末にも対応し便利です


 


飛行機内でも使えるのがベスト!

長時間フライト中も日本とやりとり

フライト中に日本にいる家族や恋人とLINEをしたり、Facebookやtwitterの更新もできると、長時間の寂しさから解放されます。

 

できれば仕事のメールからは逃げたいところですが、、


ちゃんと使えるのがベスト!

つながらないサービスに要注意

海外SIMとひとことで言っても品質に差があります。


過去〜現在のニュースとして以下のようなものがあります。


MINEO海外プリペイドシステム不具合により全米で使用不可に

というニュースや

オランダのKPNが海底ケーブル断線などで利用不可になったというニュースがありました。


海外SIMとして実績歴が長く、信頼あるものを選択することをお勧めします。


カバーエリアが広いSIMがベスト!

海外カバーエリアが広い「SIM」を選ぶべし!

日本でも地方だと携帯の電波がつながりづらいということが、ありますが、海外だと、この範囲が大きく変わってきます。

Opensignalというサイトで、どのくらい電波が届くのかを調べることができます。

http://opensignal.com/

ローマでも、こんなに違います

ローマ近郊のフィウミチノという地域を見てみましょう。

R社やK社の海外SIMの場合、

イタリアではVodafoneだけしか使えないため、

以下のように、かなり使えない地域が目立ちます。

トラベルSIMトークなら、海外での料金がこれだけお得!

ローマ近郊Vodafoneだけの場合(opensignalより)

トラベルSIMは複数キャリア対応

トラベルSIMの場合、イタリアではvodafoneはもちろん、TIM,Wind,3ITAの全てのキャリアに対応しています。

そのため、下の図のようにカバーエリアが単独キャリア対応のSIMと比較して圧倒的に広い範囲で利用することができるのです。

ローマ近郊でも、こんな感じなので、少し離れたところに移動すると、差は歴然です。

もちろん、ヨーロッパだけには限りません。

例としてタイのアユタヤ近郊のカバー図もご覧下さい。

TRUEというキャリア1社しか使えないSIMと、

トラベルSIMでは利用範囲の広さが違うことがよくわかります。

ローマ近郊トラベルSIMの場合(opensignalより)


タイ アユタヤ近郊TRUEだけの場合(OpenSingalより)

タイ アユタヤ近郊トラベルSIMの場合(opensignalより)


20年の海外出張で数十カ国を訪問しました。

昔はスマホなんて便利なものがなく、様々な工夫をしてるうちに

気がつくと、海外滞在中いかに安く電話をするかのマニアになっていました。SIMフリーの時代が到来し楽チンで安い海外旅行用のSIMが欲しい!という自分の思いからトラベルSIMの日本展開を監修することとなりました。




トラベルSIMで楽々海外スマホ!

海外渡航時の格安通信はトラベルSIMトーク!

*90%削減とはスマホ国際ローミングと比較した場合を表します。詳細はこちらの注1)を参照ください。

世界130ヶ国以上でデータ通信がご利用できます

カナダ

エルサドバドル

コロンビア

タークス・カイコス

諸島

バハマ

ベリーズ

イギリス領・ヴァージン諸島

イギリス

オランダ

ギリシア

スイス

セルビア

ノルウェイ

ブルガリア

ポーランド

ラトビア

ロシア

カタール

パレスティナ

ガーナ

チュニジア

モーリシャス

カンボジア

中国

ブータン

ミャンマー

アメリカ合衆国

グァテマラ

ジャマイカ

チリ

バルバドスC

ペルー

アイルランド

イタリア

オーストリア

クロアチア

スウェーデン

タジキスタン

ハンガリー

ベラルーシ

FYR マケドニア

リトアニア

アラブ首長国連邦

クウェート

ヨルダン

ケニア

ナイジェリア

リベリア

シンガポール

日本

ベトナム

モルディブ

ニュージーランド

バヌアツ共和国

アンディグア・

バーブーダ

セントクリストファー・ネイビス

トリニダード・トバゴ

パナマ

ホンジュラス

アゼルバイジャン

ウクライナ

カザフスタン

コソボ

スペイン

チェコ

バチカン

ベルギー

マルタ

リヒテンシュタイン

イスラエル

サウジアラビア

アンゴラ

コンゴ民主共和国

南アフリカ

インド

スリランカ

ネパール

香港

オーストラリア

フィジー諸島

アルゼンチン

グレナダ

セントビンセント・グレナディーン

ドミニカ国

パラグアイ

ボリビア

アルバニア

ウズベキスタン

キプロス

サンマリノ

スロバキア共和国

デンマーク

フィンランド

ボスニア・ヘルツェゴビナ

モルドバ

ルクセンブルグ

イラク

トルコ

エジプト

セーシェル

モザンビーク

インドネシア

タイ

パキスタン

マカオ

サモア

エクアドル

コスタリカ

セントルシア

ニカラグア

ブラジル

メキシコ

アルメニア

エストニア

キルギス

グルジア

スロベニア

ドイツ

フランス

ポルトガル

モンテネグロ

ルーマニア

オマーン

バーレーン

カーボベルデ

タンザニア

モロッコ

大韓民国

台湾

フィリピン

マレーシア

トンガ王国

パプアニューギニア